2011年11月23日

幸せって・・

幸せって・・
なんだろうなぁ・・

そうだなぁ

ぴぃちゃんとの時間かな
posted by ふく母 at 23:07| Comment(6) | 鳥さんと暮らして | 更新情報をチェックする

2011年11月03日

一緒にいたい

鳥さんとの暮らし・・
もっと一緒にいる時間をつくりたいなぁ・・


転職も考えちゃうよ・・
posted by ふく母 at 00:00| Comment(6) | 鳥さんと暮らして | 更新情報をチェックする

2011年10月28日

恐るべし、鳥パワーww

私は昔っから 電話で話しこむという
生活スタイルがとてもとても縁遠いのです。
簡単に言えば電話の習慣がないんです。

何かトラブルがあっても誰に相談するという
習慣もないので・・
電話の出現率も人生・・ほんとうに少ないです。




人付き合いも苦手です・・だから・・
余計に電話が遠のきます。

一時、電話すらなかった時期もありましたが・・
特に、困ったりもしなかったんです・・(-_-;)

携帯電話も個人的にはいらないくらいです。
私という個人の範囲内なら、いらないです。

でも、シングルマザーになって働いていると
子供の事で、いろいろと連絡がくるので持たざるを得ませんでした。

そして・・親も老いて入院生活を送るようになると
携帯電話が役に立つ場面が出て来ました。

ほんとうに・・私と携帯を結ぶのは
私「個人」のことではなくて
子供のことだったり、親のことだったり・・です。

あとは、純粋に仕事(^_^;)

私はソフトバンクのホワイトプランです。
980円っていうプランですねー。
使わないのでこれといった不便を感じません。
特に、通話分は基本料金についていませんが・・
いらないんです。どうせ話しませんから・・
受け専用の「受話器」ですもの(笑)

あとは、私への連絡がメールで来るくらいです。
私がつかまらないので、たいてい連絡はメールできます。

こんなですから、携帯にもあまり興味がなく
新機種に機種変とかも興味がなかったんです。

でも・・

セキセイインコのぴぃちゃんをお迎えして・・
事情が変わって来ました(-_-;)
不在中の様子が見たいなぁって思います♪
今はみまもり携帯を設置していて、
みまもり携帯からの写メを受け取って様子を見ています。
動画も見られるのですが・・
みまもり携帯の動画機能をつかうと、
送信側のみまもり携帯にもテレビ電話料金、
受信側の私にもテレビ電話料金がかかりってしまいます。
メールと違って通話料金が結構な額になってしまうので・・・
使っていません。

何とかならないものか?動くぴぃちゃんがみたいぞーっ!

そう・・
FacetimeとかSkype使えばwifiやパケ放の範囲内ですね。
見たい時に様子がわかります。
世に言う「スマホ」なら、アプリからひとっ飛びです。

実は・・今使っている携帯からもできるのかなぁ?と
しみじみ自分の携帯を見てみましたが・・
ついてないんですねー。そんな機能・・
WEBでいろいろと探してみて理解しました(汗)

こうなったら、スマホ・・・

通話の為でもなく・・
パソコンのサイトを見たいからでもなく・・

「うちのインコを見たいから♪」
はい、親ばかです。

ちなみにiPodtouchを持ち歩かなくてもよくなるので
iPhoneにしようと思います。
モバイルスイカが搭載されたら機種変したいと思っていましたが
あきらめます。
AndroidOSの携帯でもいいんですが(スイカがついているし)・・・
連絡先から何からMacのアドレスと同期して管理したいので
iPhone4sに決めました。

まさか・・

関係ないわぁーとか思っていたスマホに手を出す日が来るとは
思いもしませんでした。


電話嫌いの母を動かすとは
恐るべし、鳥パワーww
posted by ふく母 at 03:31| Comment(6) | 鳥さんと暮らして | 更新情報をチェックする

2011年10月26日

お留守番に思う・・

日中 私は仕事、子供達は学校です。
ぴぃちゃんはお留守番・・
一羽なので、なんとか

「時間つぶし」ができないもんかと
いつも考えています。

少し前までは教育テレビをつけてケージをテレビの前に設置していました。
アップテンポの子供の歌がかかると、

ぴぃーぴぃー♪とよく鳴いていました。

ちょうどムスコがピアノを弾いた時のようにさえずります。

今はラジオをつけています。

人間語から ノリの良い曲になると 参加しています。

一羽でいる時間が・・とても心配です。

お留守番、どうすれば快適なのかなぁ?
posted by ふく母 at 06:23| Comment(4) | 鳥さんと暮らして | 更新情報をチェックする

2011年10月09日

鳥さんとの暮らし

子供の頃飼っていたインコは15年くらいともに生活をしていました。
一人っ子だった私には家族のような存在でした。


気が強くガブリンだったセキセイのピッチは
ジジジッ!と噛み付くことが多かったです。
そんなピッチも老齢になり・・
あれだけ噛み付くのが趣味だったのに
私の手の中で、寝ている時間が多くなりました。

襟の中で寝たり
ポケットで寝たり
肩で寝たり

・・・痩せて・・
お別れが近いんだなぁ・・と思った矢先・・
虹の橋を渡ってしまいました。

ちょうど家庭もトラブルの渦中にあり
唯一のよりどころを失い、大きな大きな孤独だけが残りました。

思い出は切なくて・・



実母の入退院もあり、生死を見つめると重すぎて
次の子をお迎えすることができませんでした。
お別れする事に耐えられなかったからです。
ぽっかりと開いたままの穴・・

ペットロスという言葉は当時は知りませんでした。

悲しみからなるべく目を逸らしていました。
当時はインターネットというものはなく、
鳥が見たければ本やペットショップです。
鳥となれば広告やポスター、買い物についてきたシール・・
切り抜いてはとっておきました。
気がつくと、身の回りには鳥の柄のものが多くなって行きました。

所帯を持ちましたが、相方は鳥に理解はありませんでした。
私自身がお別れから立ち直っていませんでした。

離婚して、シングルマザーになって・・
子供達が「鳥を飼いたいよーっ」っていつも言いましたが
子供達の食費や生活費が先ず第一で・・
それに小児病棟に入退院を繰り返す子供の世話と仕事に追われ
とても・・身も心にも余裕がありませんでした。

飼うからには、責任と愛情が必要です。
暑さ寒さ、体調による温度管理、
安全で清潔な環境、安心してくつろげる場所・・楽しめる場所・・
簡単ではないです。

飼うからには全力で愛して、家族として暮らしたい・・

子供達はことあるごとに「鳥さん飼いたいー」と繰り返します。
子供が「ちゃんと世話をする」って言ったところで
子供の「ちゃんと」ほど当てにならないものはありません。

私自身にどれだけ覚悟ができて、時間を融通することができるか?・・
それがポイントですね。

・・鳥はずっと好きなままでした。
友人宅の「鳥」につられて、遊びに行ったり
ペットショップに通ったり・・
ネットで鳥さんのブログを徘徊したり・・

こんなに好きなのに・・大好きなのに・・
また「お別れ」があると思うと・・一歩が踏み出せませんでした。

この一歩を踏み出すことになるとは・・

変化のきっかけは何だったのでしょう?
ピアノかなぁ・・(^_^;)

子供の時からピアノに憧れていました・・が・・
うちは貧乏だったので、お稽古事なんてとんでもありませんでした。
いつか大人になったら習おうと思っていましたが
貧乏暇なし母子家庭!
静かにクラシックを聴くどころか、私の怒鳴り声VS反抗期ギャングの家なので
「あー、もう・・ピアノなんて生まれ変わったら習おう」と
習う事もあきらめていました。

実母を6年前に肝内胆肝癌で看取りましたが、その死は壮絶でした。
薄幸だった母の人生を想い、生きることって・・と禅問答のような日々になりました。
母が亡くなった直後、私自身に脳腫瘍がみつかりOPE、全摘出はできませんでした。
それでも元気でいられるから良かった・・と思ったところで
続いて心臓をアブレーションカテーテルすることに(-_-;)
もともと持病に全身性エリテマトーデスがあり
胃潰瘍になったり、腎盂腎炎になったりで
いつもなんだかんだで病院通いばかりして
初めて病気した訳ではないので、そんなに取り乱しはしなかったのですが・・

手術となると「勿論助かった人もいるんだけど・・
手術の失敗第一号になるかもしれない・・」なんて悪い方に考えてしまって・・
子供も小さかったし、親戚もいなくて・・本当に悩みました。

遺書を書いて子供の引取先も決めてから(^_^;)のぞんだ手術から復帰し・・
「どうせ一度きりの人生、今からそんな大それた挑戦はできないけれど・・
このままではもったいない・・
生まれ変わってから何かしよう・・とかじゃなくて
生きている今、やれることをやってみよう!!」と・・
ピアノを始めました。
毎週通ったり、曜日を決める事は仕事が不規則なのでできず
不定期に通いだしました。
40歳記念にレッスンデビューしました♪

このことは「自分には縁がない」「どうせ私なんて」と
どこかいつも挑戦しない自分をかえ始める切っ掛けになりました。

いつか・・
また小さなぬくもりとともに暮らしたい・・
そう思っていた鳥への気持ち。

「いつか」っていつ?
退職したら?
おばあちゃんになって飼い始めて・・
自分がすぐにぽっくり逝ったら困る(-_-;)

体力があるうちに・・
飼いたい・・
そんな気持ちが大きくなって行った今年3月
ムスコの「インコ飼いたい」病がまた始まって
ペットショップ巡りをしてお迎えしました。



ピッチとのお別れから何十年も経ちました。
ぴぃちゃんをお迎えして、亡くなったビッチへの愛も再確認しました。
この世に生まれて来てくれてありがとう。
この世で、私と縁を持ってくれてありがとう。


愛しい愛しい小さなぬくもり。

見返りなんて何もいらない
ただひたすら愛しい。

元気で長生きしてね・・
そして、この子達のために若い頃と違って
自分自身も健康でいなければと切実に思うようになりました。
posted by ふく母 at 15:09| Comment(4) | 鳥さんと暮らして | 更新情報をチェックする

2011年04月05日

小さな家族、大きな存在

ぴぃちゃんが入院して・・
心にぽっかりと穴があきました。
出会って数日・・
小さな小さなぴぃちゃんの存在はとても大きくなっていました。

退院後に使う、ヒーターや
温度計、サーモスタット・・

さし餌スプーン、餌入れ
湯煎道具、計量スプーン
水切りかご・・

キッチンペーパー

ベビーフード(フォーミュラ)

鳥の飼育本、鳥の病気の本・・

鳥のショップをネットで見ては買いました。

合間に、予後の生活注意を調べました。
胃腸障害が残るので、食生活とケアは必須ですものねぇ。
いくら、ムスコが飼いたい!と言ったから飼ったとはいえ
細々した事は私がやるしかないです。
ケアのいる子だから、なおさらです。

小さな命の輝きを大切にしていきたいです。

飼ったからには、環境や病気についても
学べる事は学び、知識を身につけたいです。
飼い主も、鳥の家族として(^_^)責任を持たないといけないですね。

元気になって・・帰って来て欲しい・・
posted by ふく母 at 22:39| Comment(0) | 鳥さんと暮らして | 更新情報をチェックする