2013年01月22日

面会に

入院初日の夜に電話したら自分では食べないとのこと・・

翌日電話した時はやはり食べていなくて・・
あと、大量に羽が抜けているとのこと。

換羽でしたかときかれたけれど
いやぁ・・抜けていなかったんだけどなぁ・・


面会に行くと、
「若干自分でついばもうとする気配がある」ということでした。
食べる気がでたのかな?

プラ水槽の中を見ると、下痢はしていません。

じーっとして目を閉じています。

換羽のタイミングでこうなってしまう子もいるとのことなので
換羽で体調崩したのかな?
すごい大換羽です・・(>_<)

水槽内の温度は30、31度にあげてあるとの事なので
自宅に戻っても高めを維持しないとダメですね。

春が来たら体力作りですね。

posted by ふく母 at 20:23| Comment(2) | 病気 | 更新情報をチェックする

ももちゃんの入院の話



いつもなら朝起きてカバーを取ると
大騒ぎしているのに・・
冬の雀のようにケージの隅で膨れて

びっくりしてケージから出すと
飛びもせず・・・
たたんだカバーの上にアヒルのように座ってしまう・・

そのうち首を激しく振ってゲロゲロと吐きまくる。
嘔吐物はほとんど透明で若干粘着質。
餌は混じっていない。

どうしたんだろう?

とにかく小鳥の病院に電話して駆け込む。
できることは保温だけ。

どうしたの・・

前日寝かせるとき、ケージの掃除をしたんだけど・・
掃除が終るとあっけなくケージに戻ってしまった。
いつもと同じ時間なのに・・眠いのかな?って・・
少し思ったんだけど、具合が悪かったんだ?

病院へケージに敷いてある敷き紙をジップロックに入れて持参。
敷き紙についている糞は下痢はないけれど、いつもの半分の数しかない。
糞の状態も診てもらいたいので説明するより持って行った方がいいもんね。

プラ水槽をのぞくと・・
膨れて、嘴を下げて・・
ウトウトと寝ている。
以前ぴぃがメガバクに感染した時に傾眠傾向が出ていたっけ・・

受付で状態を確認された時は、落ち着いていて
そのまま待合室で待機。
暑い・・
温度計は28.5度・・
暑い訳だね。
鳥さんには快適だろうけど・・

呼ばれて
糞の検査メガバクもカンジタも出ていない!

続いてレントゲン検査。
しばらく私は待合室へ。

再度呼ばれて、レントゲンの結果を聞く。

レントゲン写真(正面、横位置)
心臓の肥大もないし
誤嚥もないが…

Dr.「腹部に黒くみえるところがある。
それは胃にたまったガス。
胃が張っている。
左右に張って大きさが違う。

腸にも黒い部分(ガス)がみられるが
胃ほどではない。

他に気になる点では
鳥は2つの胃があるが
第二の胃、グリッドがある部分がなくなってしまっている。
流れでてしまったかな?

あとは
肺がやや明瞭に白くかたちが見える
感染があって炎症も考えられるが
呼吸器の症状が出ていないので
こちらはほぼ大丈夫でしょう。」

診断としては胃腸炎ということに。
傾眠傾向と食餌が摂れないから入院加療…
点滴と強制給餌と投薬を行うことになりました。

ももちゃんはぴぃと違って食が細くて
こんなとき、とっても不安です。
普段でもおやつも興味ないので・・
食べなくなると本当に食べないんです・・

どうしちゃったんでしょう・・・
 
posted by ふく母 at 20:11| Comment(0) | 病気 | 更新情報をチェックする

ももちゃん胃腸炎

image-20130122095531.png
アキクサインコのももちゃん
入院になりました…

朝いつもなら飛び出してくるのに
丸くなってうずくまってて…

ゲージから出しても
座りこんでしまって…

ゲロゲロとたくさん吐きました…

ももちゃん早く元気になって
前日まで元気に飛びまわっていたのに…

診察の覚え書きはまたあとで…
posted by ふく母 at 10:01| Comment(0) | 病気 | 更新情報をチェックする

2012年07月08日

ももちゃん再検査は・・

7/7、小鳥の病院に行きました。


 


遺伝子検査結果「白」の報告書をいただきました。

 

爪も切っていただきました。

アキクサちゃんの爪、黒いんですね・・

ぴぃは白いので・・血管がわかりますが

黒いと血管がどこまであるのかわかりません。

怖くて切れません。

 

長くなったなあと思っていたのですが・・

切る自信がなくて、放置になっていました。

何も言う前に切っていただけて良かったです。


 


続いて、メガバク再検査。


 


今回もメガバクはでませんでした。


 


メガバクのお薬もまだ続けますが

下痢は続いているので整腸剤の服用もこのまま3週間続けます。

3週間服用させて、一週間休薬期間をおいて

その後、もう一度検査をしてメガバクが出ていないか確認します。


 


いま暫くの辛抱ですかね・・・


 同時放鳥はお預けですが、ぴぃの安全の為にも頑張りたいと思います。


 

posted by ふく母 at 00:00| Comment(0) | 病気 | 更新情報をチェックする

2012年06月17日

通院でした

きのうは、新しく我が家にお迎えした
アキクサインコのももちゃんの健康診断と
ぴぃちゃんの吐き気の診察に行きました。

このぴぃは半月、通院しています。
今週はとても落ち着いています。

診察室に入ってすぐ、担当医のM先生
「目に力がでましたねー!よかったですねー!!(^_^)」

そうだよね・・うんうん・・こんなに元気になってんだよね・・
嬉しかったです。


ぴぃの吐き気・・
50g超過していたおデブりんの体重でしたが
一時期38gに落ちました。
(落ちても適正体重なんですけどね・・orz)
見た目はちょうどいい体形になりましたがw
小さな体で一ヶ月やそこらでがっつり減ったのを考えると
体への負担は半端じゃなかったと思います。

目も空ろだったし
だるそうな感じでした。

最初の一週間は抗生剤、強肝剤、胃腸薬、ビタミン剤の内服・・
次の一週間は抗生剤を抜いて、強肝剤、胃腸薬、ビタミン剤の内服を続けました。

サプリも換羽になってからはネクトンSからBIOに変えました。

薬を内服して、一週間もせずに、吐き気はおさまりました。
まき散らして顔中ガビガビにして吐く事もなくなり
顔もきれいになりました。


やはり換羽が引き金だったのでしょうね・・
栄養をとっても、羽にいっちゃうし・・

小鳥の病院の担当医から「わりとおデブちゃんに多いです」という
お言葉をいただいて・・
(脂肪肝などがあって、肝臓の働きが悪い所で
換羽で羽を沢山つくらなきゃならなくて肝臓に負担がかかるから)
本当にぴぃに申し訳なくなりました。

シードの配合をダイエットタイプにしたり
オーチャードグラスを混ぜたり・・
朝と夜寝る前にどか食いするので
直前にはこべや小松菜を出来る限り食べさせて
どか食いを防ごうとしていたのですが・・

X-Pでは、そこまで肝臓肥大の所見があるわけではなく「やや」でした。
健康になるのを待って、様子をみてから血液検査をしようとのことでした。

朝起きると放鳥、帰宅すると放鳥・・
休みの日は外出はしないようにして放鳥時間を多くとるようにしているのですが
太っちゃうんです。

もう、シードを固めたバータイプのおやつもあげていないのに・・

一日5gから6gのシードでも、もりもり太ります・・


肝臓に負担のかからない食餌を・・と悩んでいたのですが
今回の吐き気中に少しずつ変更してみました。
好みのペレットも見つかったので、シード3:ペレット7の割合にしてみました。


薬も効いて来て食欲もでてきたのとタイミングが同じ頃でしたが・・
本当にペレット嫌いが嘘のように食べてくれました。
ケイティーのナチュラルベジーです。



脱おデブりんできるかな?
ペレット食にすると太らないか質問してみたのですが・・





M先生「・・残念ですが、太らない事はないですw」



衝撃ーっっっっ

だよね・・当たり前だよね・・
そりゃ、食べ過ぎればふとるかぁ


ぴぃ・・頑張ろう。
かあちゃんも頑張って考えるから・・
こんなに換羽で体調崩すの辛いもんね。

元気になってくれてよかったです。

お財布見たら背筋が氷りましたが・・
仕方ないです。
さぁーガンバって働くぞーっ!!
posted by ふく母 at 08:16| Comment(2) | 病気 | 更新情報をチェックする

2012年06月03日

吐き気?・・小鳥の病院へ

きのうは、小鳥の病院へ行きました。

ぴぃは、朝から元気にムスコと遊んでいたけれど
いつも夜の水槽から出すと夢中で朝ご飯を食べるのに
見向きもしなかったんです。

やや時間がたってから素っ気ない感じで食べていました。
毎日同じように朝は食べていたのに・・

おかしい・・がっつく感じがみられない。
昼間の食欲もやや落ちているのが続いていて
夜ケージを掃除する時に、完食にならず
昼用の餌が残っているし(-_-;)

いつもならがっつく朝ご飯を・・
ちょっと食べてまたムスコのところに遊びに飛んでいってしまった。

でもすぐに洗濯物を干している私の所に来て
そのままケージに自分から帰ってしまった。

そのあとのことでした
おぇーっと吐くような仕草をしていました。
かなり長かったです・・吐きはしなかったのですが。

吐き気があるの?
どうしたの?
何か苦しいの?

糞は?
下痢はしていないし、色もいつもと同じ・・
未消化便もない・・なぜ・・どうした?

小鳥の病院に電話をして予約をとりました。
運良く最終診察時間に入れてもらえました。

緊迫した感じではないし、ぐったりはしていないので
通院までにペレットを買いに走りました。






夕方、天気が思わしくない中、小鳥の病院へ。
tc4.search.naver.jp.jpeg

食べて、下痢はないけれど、おぇーっと吐きそうな仕草をする症状を話します。


触診しながら、ついでにw・・爪を切ってもらう。
(担当医)「ここ数日、何か負担になることはなかった」と聞かれる。
・・・が変わったことはない。
連れ歩くこともないし、餌も変えていない、ケージも同じ場所(~_~;)

ぴぃを観察しながら糞便検査。
(担当医)「今回は、いつも出ていたカビもないし・・
メガバクもありません。」

(担当医)「最近の体調変化は?」
・・凄まじい換羽と換羽のときの体重減少かな。
実は換羽前、max50g超えました(^_^;)が換羽が始まり今は40g。
小さな体の10gは大きい・・ですよねぇ。
しかもこの5日で3g落ちているんです。
(担当医)「実は、そのくらいで体重のg数はベストなんですが・・
ベスト体重とはいえ、急激な体重減少は肝臓に負担がかかるんです・・
もともとの体重を考えると、脂肪肝も考えられるので
換羽と体重減少と脂肪肝で肝臓に負担がかかっているのかも」

(担当医)「・・吐き気の症状で考えられるのは」
1.金属中毒
2.肝炎
3.胃炎
・・で、もしかしたら何か子供が落としたストラップとかのパーツを
食べてしまったかもしれないのでレントゲン撮影。
(誤飲がないように、放鳥前は必ず掃除機とダスキンはかけていますが
私が居ないときの子供の放鳥時はわからないので)

15分くらいかかりますと言われて私は待合室へ。
なんでかなぁ?
ぼんやりとiPhoneのぴぃの写真を見ていました。

あっという間に呼ばれて診察室へ。
まずは金属と異物はなし。
たまご詰まりもなし・・
ほっ・・
(発情もあったし、たまごは気になる所だったので
ずっと心配していたので、今回見ていただいて安心しました)

ぴぃのように、換羽でケージの床一面に一度に沢山羽がぬけて・・
飛ぶのも大変になってくるような子・・
更に、換羽に合わせて、体重がどかっとおちるタイプは
急な体重低下で肝臓に負担がかかるそうです。
もとから、おでぶちゃんに結構多いんだそうです。

レントゲン検査前にも言われましたが・・
脂肪肝かもしれないけど体調がもどらないと詳しい検査は無理。
レントゲンから判断すると、肝臓か少し肥大しているので
やはり脂肪肝かもしれない。

吐き気もあるし、体重減少が激しいので点滴をしてもらうことになりました。
(余談ですが、人間のインフルエンザの注射くらいの量がありました。)
ぴぃは注射をするために掴まれる時に「ジュッ!!」っと鳴いたのですが
掴まれてしまうと、さほど抵抗もせず黙って注射されていました。
見ていて・・
痛いだろーって思ったら、こっちが目が回りました。
ふつふつと額から冷や汗が吹き出していました。

お薬を処方してもらい、一週間後の受診予約をいれて
駅へ向かいました。
自宅までは一時間ちょっと。
膝の上のプラケースの中で、じっとしています。


ぴぃは野菜も大好き。バナナのすじも皮の裏側も大好き。
小松菜、ハコベも大好き。
シードも大好き・・
粟の穂も、麦の穂も・・
幸せそうに食べる。
嫌い・・というよりも、そこまで好きじゃないのはペレットくらいw
「ぴぃちゃん・・換羽で大ダイエットしないで
これからは健康的に体重落とそうね。
ごめんね。もっと勉強するからね」

電車内で、たまに目が合うと、「出せー」「出せー」と動き回ります。
ああ・・切ない・・

帰宅して、放鳥して・・
まだまだ寝床に入りたがらない感じだったけれど
いつもよりうんと寝るのが遅くなっていたので
寝かせました。
疲れたよね、今日はゆっくりと休んでね。


ぴぃはだいたい5gから7gのシードを食べるのですが
もっと食べても太らないセキセイちゃんもいます。
今はおやつの大好きなかじりま専科も入れていないのに
太るのです。
ダイエット用の配合シードにしても太るのです。
人間も、鳥も代謝率の違いでそうなるのでしょうか?
健康な体って難しいですね。
もっともっと勉強します。

posted by ふく母 at 08:42| Comment(6) | 病気 | 更新情報をチェックする

2011年10月11日

内服させて一週間

カンジタ菌の治療中です。
下痢が続いて受診して判明しました。

お薬を飲ませてちょうど一週間経ちました。
下痢はしなくなりました。

粉薬を50ccの水に対して一包溶き入れて飲み水としてケージに入れています。
放鳥後によく飲んでいます。

先々週あたりに よく・・
「オェェェェーーーーーー」って吐くような仕草や
あくびの連発をしていたのですが
それもしなくなりました。

週末までお薬を飲ませて検査です。

カンジタ菌、よくなっているかなぁ?

posted by ふく母 at 22:00| Comment(4) | 病気 | 更新情報をチェックする

2011年10月03日

診察の記録

真夏も終わり、涼しくなったので
小鳥の病院へ定期検診に行ってきました。

少し前から、一日中じゃないけれどくしゃみをしたり
オェェェーって吐くような顔をしたり(別に吐かない)
ここ二日ばかり、一日のうちで下痢が何回かあったので
予約をしました。


まずは体重測定・・
実はね、ぴぃちゃん おでぶになっちゃったんです。
放鳥時間を増やしても・・どんどん増えて行く。
子供達の夏休み前、体重は37gでした。
7月の定期検診でも、食後の体重が36gでした。

今・・なんと47g!!("o";)
先週までは45gだったのにーーーーーっ
毎日のように太って・・

子供達が学校が始まり、家での放鳥時間が減りました。
それで??
寂しいと過食に走る??

まだ食餌制限はでませんでした。
とにかくよく遊ばす事という指導を受けました。
家族が家にいる時は、ケージから出ている事がほとんどですが・・
最近、ぼてっと肩にとまっているか、床を歩くことが多くてww
以前みたいになんにでも驚いて飛び回らなくなりました。
いやぁ・・ダイエット頑張らないとね。

かーちゃんもダイエット頑張るから・・
ぴぃちゃんも頑張ろうね(^_^;)


そして、AGYの糞便検査はマイナス。
ほっ・・

安心していたら、

先生「カンジタ菌の方が・・
ここのところの下痢の原因はこちらかもしれないですね。
お薬を出しますから、前と同じように飲ませて
飲み終わったら、検査に来てください。」

ひぇぇぇぇ・・


ぴぃちゃん・・またでちゃったのね。


最近、殻付きの餌とペレットの二種類を同じくらい食べるようになって来ました。
いままでは、殻付きの餌(シード)だけを好んで食べていました。
ビタミン不足になるので、ビタミン剤を飲み水に入れていましたが
ペレットもかなり食べるようになっているので、
ビタミン剤が50mlに2滴入れていたのですが、1滴に変更になりました。


診察の終わりに、爪を切ってもらい帰宅しました。

下痢、早く良くなるといいね・・
posted by ふく母 at 06:14| Comment(4) | 病気 | 更新情報をチェックする

2011年04月25日

退院後外来へ

退院後の外来へ メガバクテリアもカンジタも出ていなかった。 遺伝子検査もマイナスでOK。 抗生剤は5/17まで続けて、 一週間くらいおいてから採血検査をする。 ほっとため息・・
posted by ふく母 at 22:39| Comment(0) | 病気 | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

食餌指導と生活指導

退院できることになり、食餌指導と生活指導を受けました。

殻付きの餌を使う場合のビタミンやカルシウムのとらせかた
ペレットを使う場合・・

青菜、ボレー粉、乳酸菌について

食べさせてはいけないもの
危険なもの

生活で注意すべき点、クリッピング(羽きり)について

なんだか・・うちの子の時の新生児指導を思い出しました(笑)
posted by ふく母 at 22:39| Comment(0) | 病気 | 更新情報をチェックする