2014年04月08日

愛してる!でも発情しないで!

発情対策・・
コンパニオンバードとして飼っている場合
うちだけではなく、きっとよその鳥さんの飼い主さんも
頭を悩ませていると思います。

うちはセキセイのぴぃが一昨年の晩秋から三ヶ月連続産卵抱卵で
このままタマゴロリンな状態になるのかヒヤヒヤしました。

アキクサの通院で小鳥の病院に行った時にDr.に相談しました。

ぴぃは鈴も好きでしたが・・
発情相手は、ぴぃの足でしたww
鈴は外せましたが・・
足はねえ(^_^;)

Dr.のアドバイスは
「環境を変える・・ただし、繁殖用の鳥さんと違って変えるだけでは不十分。
 コンパニオンバードとして人間との触れ合いを続けて来ているので、
 人間との接触の仕方も考える」

「自分の足が相手なので、足に発情しているときは
 音をさせたりして驚かす。
 ただし、誰がやっているのかは
 わからないように驚かすように」

「今かなりおデブちゃんなのでダイエット・・
 餌の配合や減量だけでは発情防止は難しいので
 何がスイッチになっているのかよくみること」

先ず、環境を変えました。
いつものケージからちょっと大きな目の通院用キャリーに
10日くらい滞在してもらいました。
ぴぃはマイホームLOVEなので、すごい不満で大騒ぎでした。
そのあと小物や餌入れなどレイアウトを変更した
ぴぃのケージに戻ってもらいました。

この期間は放鳥してもなるべくさりげない触れ合いにしました。
話しかけたりタッチしたりすると、瞳がキューットなって
しゃちほこのポーズになっちゃうので。

でも無視したり話かけないようにしたのか?というと違います。

沢山話しかけたし
指や肩にとまらせていました。

ただ、じっとくつろいでぎゅーっと濃厚な?時間を過ごさないようにしました。
発情モードのスイッチを切る為に環境を変えるのは仕方ないにしても
なるべく接触しない・・というのは・・
一歩間違うと、ストレスで心因性の毛引きにならないか・・不安だったんです。


いつも楽しく仲良くしていたのに
ある日突然おかーちゃんが仲良くしない
あそぼうよ
あそぼうよ
かまってよ
そう思うんじゃないかなって・・

ただでさえ、日中は仕事でいない訳です。
日中を撮影したビデオを見ると、日中は・・
「食べる」
「寝る」
「遊ぶ」
「隣のアキクサをみる」
「羽の手入れをする」を繰り返して過ごしています。

私が退勤して来て、やっとお外の時間です。

さみしいのいやだよね・・

だから・・濃密wwはやめて、あっさり向き合いました。
おかあちゃん<br />ぴぃねぇ<br />おふろはいったよー<br /><br />みてみて<br />きれいでしょー!<br /><br />#budgie #セキセイインコ
カキカキもしました。

環境の変化、季節の変化で発情モードのスイッチを切るのはいいのですが・
ストレスを与えるのは考えてしまいました。
そうそう・・ぴぃはフンきり網は使っていません。
チラシを敷いています。
水槽からケージに移した時、足を踏み外すのを見てやめました。
本気で眠くなると、一目散に敷き紙に下に潜ります。
起きると出て来ます。
今も夜寝るときは水槽で敷き紙の下です。
眠くなった時、寒い時・・敷き紙ないと不便だろうと思い
敷き紙も取らずに発情抑制を頑張りました。


一年・・

ダイエットを続け、54gから40gになり
最後の産卵から1年間産卵なしを達成できました。



個体差があるので、うちの鳥ーず達全員に同じやりかたでは
きっとダメなんでしょうが・・
その子、その子にあった発情抑制を見つけられたらと思います。




posted by ふく母 at 00:00| Comment(4) | いんこの心配事 | 更新情報をチェックする

2013年07月26日

悩む・・オカメパニック

オカメパニックで流血の大惨事になってしまったので今後のパニックが心配になりました。

対策も考えなくっちゃね・・

あれだけ暴れると、おもちゃも絡まったり
ぶつかった時に怪我をするものはケージ内には入れられないですね。
ケージ側面で、でっぱりがなくて重量も無いもの。
落下の危険もないもの。

基本あまりおもちゃは入れられないですね・・

止まり木も・・難しいなぁ・・位置。


悩んでいてTwitterで呟いた所・・
Twitterの鳥ともさんにいろいろとアドバイスをいただきました。
その中で実行できそうなものを先ずやってみよう。

みなさん結構パニックは経験されていて
各家庭、鳥さんの性格でいろんな対策をとられているんですね。
とっても納得したのが・・
「ケージ越しに声かけして落ち着かせてって
飼育書には書いてあるけど、そんなの・・
目の色変えて、パニクってる時に耳になんて入らないし
飼い主の顔すら見えてないし・・
手で抱えて抱っこに限る」

性格にもよるんだけど・・
うちも一切まわりが目に入らないタイプだから
これが一番効くなぁ。

ということで二回目からはこれで行ってます。

流血の大惨事には至っていません。

ただねぇ・・
仕事に行っている時に驚かないか不安ですが
日中はあまりそこまでパニックにらないみたいです。
明るくて、いつも音楽を流してシーンとしていなくて
通りの騒音やら振動やらにだけ神経がいかないから?

これからじっくりオカメパニック対策に取り組みます。

posted by ふく母 at 00:00| Comment(2) | いんこの心配事 | 更新情報をチェックする

2013年02月16日

たまご・・悩む

先日小鳥の病院にももちゃんの退院後外来に行った時にぴぃのたまごのことを質問しました。

「また・・うんじゃいました・・」

Dr.「おもちゃ撤去したんですよね?」

私「・・その・・足に・・羽に・・」

Dr.「あらら・・それは・・ww
そんな時は、仕方ないので、ちょっと脅かすとかするしか
もうないですねー」

     ♪たまごろりんまとめ♪
 1) たまごを産んでいる時はたまご詰まりが怖いので
だいたい24度はあるようにする
2) 最後のたまごを産み終えてから2週間抱卵させる
そののち撤去(産み足してしまうのですぐに取らない)
3) 撤去したら日中はこの時期19度くらいでOK
4) カルシウム不足に気をつける

最初にたまごを産んだ時から気になっていたんです・・
取るタイミングとか
温度とか・・明確になって良かったです。

2/8に5個目を産み終わったので
2/22から23あたりでバイバイですね。

こんなにたまごろりんになるとは思いませんでした・・(^_^;)
posted by ふく母 at 00:00| Comment(4) | いんこの心配事 | 更新情報をチェックする

2013年02月15日

こんなにたまごんでいいの?

ぴぃちゃん・・実はたまごモード全開バリバリです。

現在、5このたまごを
抱卵ハウスにてあたためています。

image-20130209164757.png



愛おしそうに・・


抱卵中はなでくりまわしてもOK
とっても気性がマイルドになります。


1/19にたまごとバイバイして・・
一週間もしないうちになんか発情モード?
ヒナヒナの小梅ちゃんと具合の悪い退院後のももちゃんがいたので
室内の温度も高く設定していました。
高めだとどうしても発情モードになってしまいます。

おもちゃを撤去してもダメ・・
だって・・自分の足にしゃちほこーっ!
自分の羽にしゃちほこーっ!

そんな時に話しかけようものなら、延々しゃちほこーっ!!

はい・・
1/19日にたまごとバイバイ・・
1/31日から新たにたまごをうみはじめました。

ふぅ・・(-_-;)困った・・
posted by ふく母 at 00:00| Comment(4) | いんこの心配事 | 更新情報をチェックする

2013年02月04日

お迎えの検査結果

新しく家族にお迎えしたアキクサインコさん落ち着いた所で、小鳥の病院へGO!


糞便検査、そ嚢液検査、身体検査および遺伝子検査(PBFD/BFD)をしました。 
メガバクも心配でしたし・・
PBFD/BFDが心配でした。

メガバクでセキセイのぴぃはお星様になるところだったし・・
元気そうに見えたアキクサのももちゃんもメガバクを持っていました。

今回お迎えした子はメガバクはでませんでしたし
ほかのカンジタなどもありませんでした。

遺伝子検査は日数がかかるため、後日の連絡待ちでした。

そして・・


連絡がありました!

遺伝子検査も大丈夫でした。


安心して放鳥できます(^_^)
posted by ふく母 at 00:00| Comment(2) | いんこの心配事 | 更新情報をチェックする

2013年01月29日

たまごモードを振り返って(10)

たまごモードと体重のお話です。

ぴぃは通常は43g前後です。

産卵期はなんと53gになっていました。
ひとつ産卵すると51gになり
たまごがぽこんとわかる頃はまた53gに戻りました。

抱卵期は通して52g、53gでしたが
溜糞を出した後に計量すると50gでした。
いつも溜めていたんですかね?

1/19にたまごとバイバイしたときは53g(溜め糞モード?)
1/20は51g
1/21は48g
1/22は46g
1/25は45g
1/29は43g

今は44gと43gを行ったり来たりしています。
徐々に減って来ました。

最後のたまごを回収したのが1/19ですから・・
ちょうど10日ですね。
オーバー50だった体重が軽そうになりました。1/19の時は、下腹部にぽってりとお肉?がついて
おしりも膨らんだままでいかにも重そうでした。

1/20はかなり飛ぶようになりましたが
飛ぶと、ハアハア、ワキワキしていました。
すぐにお疲れモードでした。

放鳥時間を長くしたので、私を追いかけて沢山飛び回りました。
体がどんどんしまるのを感じます。
飛ぶのも「どすこい」って感じじゃなくなりました。


まあ・・今でも十分おデブちゃんですが。

なるべく飛び回ってもらって、もう少し減ってくれるといいのですが・・(^_^;)

産卵、抱卵期はやはり随分丸くなりますね。
通常より10g増加していました。
あと・・なんというか・・
全体的に羽から何から、膨らむので余計に緩んで感じるのか・・・???

やっと通常体重になったので、このまま発情抑制しながら
よく運動して、ひきしめに励みたいと思います。
posted by ふく母 at 00:00| Comment(6) | いんこの心配事 | 更新情報をチェックする

2013年01月28日

たまごモードを振り返って(9)

たまごを撤去してほっとしたら・・




また・・・

話しかけると発情モードに(@_@;)

イヤー参りました・・

なんとかしゃちほこにならないように
食い止めていますが、大変です(^_^;)

たまごモードも気を遣いますが
発情モードの時も気を遣います・・

女の子なので産卵も仕方ないのですが
やはり過発情は防ぎたいです。

前途多難な状態ですが、なるべく自然な発情時期の産卵で済むように
頑張りたいです>

posted by ふく母 at 00:00| Comment(2) | いんこの心配事 | 更新情報をチェックする

2013年01月27日

たまごモードを振り返って(8)

1/19に5個目のたまごを回収しました。

ケージを分解清掃して、その間は頭に止まったり
掃除の脇を歩いたりしていました。

もぐるだろうから敷き紙は敷きませんでした。

ウロウロして・・
キョロキョロして・・
小松菜食べて・・

止まり木に行きました。
でも落ち着かないみたいです。
何度もケージの下に降りて、じっと佇んでいます。

かじり木、鈴、輪、かじりーず、ひも・・だんだんと遊び始めました。

一日たまごなしで過ごしましたが・・
糞はまだ溜糞です。
ケージから放鳥すると一気に出します。
2gから3gはあります。
たまご並ですね・・(-_-;)

溜糞はいつ終るのかな?


posted by ふく母 at 00:00| Comment(0) | いんこの心配事 | 更新情報をチェックする

2013年01月26日

たまごモードを振り返って(7)

いつたまご撤去すればいいの?

前回はすぐに取りました。
とても探して可哀想でした。

今回は飽きるまで抱卵させる方向で進めましたが
いつになったら飽きるのか?

栄養も心配になってきました・・

2週間経って飽きる気配なし・・絶好調。
たまご可愛いーって感じでおかあさんしています。
いつになったら取ればいいの?
本当に飽きるの?

変化が現れたのが産卵開始20日目の1/20です。
夜のプラ水槽内の抱卵ハウスの敷き紙にいくつか糞をしていました。
今までは夜でもしませんでした。

朝起きて、昼のケージに戻す時
抱卵ハウスに入れるたまごをひとつ隠しました。

翌日も昼間の抱卵ハウス内には糞はないのですが
夜のプラ水槽の抱卵ハウス内には糞がありました。
毎日、朝昼のケージに戻す時に一つずつたまごを隠しました。

夜のプラ水槽の抱卵ハウスで糞をするようになってから
昼のケージで抱卵ハウスから呼べば出てくる回数が増えました。
まったく見向きもしなかったケージの小松菜もついばむようになりました。
一瞬ですが、止まり木にとまったりも一日のうちに何回か出てきました。
(すぐに抱卵ハウスに戻りますが・・)

今まで、一心不乱にこもっていた状態から
僅かずつですが、動きが出てきました。

出来るだけ何度でもケージから呼んで出しました。
(やっぱりすぐに抱卵ハウスに戻りますが・・w)

少しずつ、終わりが近づいてきているのかな・・
そう感じました。

posted by ふく母 at 00:00| Comment(2) | いんこの心配事 | 更新情報をチェックする

2013年01月25日

抱卵ハウス・・写真を追加しました

 

以前UPした抱卵ハウスですが
たまごモードを振り返って(3)
http://torinojikan.seesaa.net/article/314313954.html
 
つたない文章だけではどうも伝わらないので写真も入れました。
 
お問い合わせありがとうございました。
こちらをごらんください♪
UPが遅くなってすみませんでした。
もし質問がありましたから、再度メールをください。
 
ちなみに使用感も写真を入れましたのでご覧ください。
たまごモードを振り返って(4)
http://torinojikan.seesaa.net/article/314323514.html
 
posted by ふく母 at 06:17| Comment(0) | いんこの心配事 | 更新情報をチェックする