2013年06月08日

初めての小鳥の病院へ

小鳥をお迎えしたら先ずすること・・それは健康診断。

先住の鳥さん達がいるので必須ですね。


お迎えして、3日分の糞を乾かないようにして
ラップで包み、冷蔵庫で保存。
仕事の早帰りの日に予約を入れて
お隣の県の小鳥の病院へ健康診断に行きました。

小鳥の病院とキャリーデビューですw
初めての健康診断へ






















糞便、そ嚢検査、血液検査と感染症を調べる遺伝子検査を受けました。
http://avianmedicine.blog71.fc2.com/blog-entry-851.html

ぴぃの時も、ももの時も、そ嚢検査でメガバクがでました。
カンジタが出た事もあります。

ドキドキです。

先住の鳥ーずは今の所、これらの検査は皆マイナスです。
もし、小麦が陽性だと、隔離しておかないといけないです。

ドキドキで診察を受けましたが・・・
心配していたメガバクもマイナス!
他の感染も見られませんでした。

おかめちゃんに多いというトリコモナスも心配でしたがマイナスでした。


感染症が無いということを先ずは確認しないと
他にも鳥がいるのでね・・
これで一安心!!

触診、聴診も正常。
体重も95gでした。

数日前のお迎え時の体重が生後45日で92gでしたから
3g増えた事になります(^_^)v

これも心配だったんですよ。
おかめは一人餌にするのが難しいと聞いていたので・・

担当のMI先生も
「体重、落ちなかったんですね・・珍しいですね!
肉付きもすごくいいです。性格も・・珍しいです!」と笑っていらっしゃいました。

キャリーから体重計の上に取り出した時に
驚く事も無く「羽繕い」でゆったりww
MI先生「ここに初めて取り出してゆったり羽繕いしたのは君が初めてだよ」

おかめちゃんは行動はセキセイやアキクサとも違って
まったりゆったりですが・・
MI先生によると小麦は特に「マイペース」だそうです。

診察してキャリーに戻すと、すかさずボリボリペレットを食べまくります・・


じっとみながらMI先生は
「食欲の有る子だし、今95gですから・・
大人になると100gは行きますねぇ。
105gくらいでとまるといいですが・・・
120gとかはちょっとねぇ・・
羽、クリッピングされていますが、のびて来たらのばしてください。
できるだけ飛ばして、体を使うことも日常で覚えさせてください。
どんなことよりも、飛ぶということが必要です。
危険がないように、物の配置などは考えてください。

羽、のばしてくださいね」と・・


ひぇぇぇ
このまま小麦だけはクリッピングしておこうかと思ったんだけどなぁ(汗)



心配だったことをいろいろと聞きました。

そうそう足の指に白いカサブタがあって疥癬か?と気になっていたのですが
違うらしいです。
角質が柔らかなる軟膏を塗ってもらいました。

あと、嘴にぽつんとある黒い点。
0.01mくらいなんですが・・
・・なんと出血斑らしいです。
何かにぶつけたあとにできるとのことなので
私が仕事に行っている間に何かに驚いてケースの中でぶっつけたのかもしれないです。


幼鳥は、お迎えしてから家に馴染んでしばらくするうちに
潜在していたメガバクが出てくる事もあるので
2週間後にもう一度、糞便検査をして
そのあとは数ヶ月置きに健康をチェックしていただくことにしました。


話している間もボリボリと食べる食べる・・

天然なのか・・なんなのか・・


話の後に採血も有りましたが、その時も終ってすぐに食べまくっていたらしいです。

ぴぃちゃんじゃああり得ないです。
息も絶え絶え緊張しまくりって感じになりますからねぇ。
ももちゃんなんて、緊張でうずくまっちゃいます。

鳥も性格が随分違うんですね・・


初の小鳥の病院は無事に終わりました。


行きの電車では大人しかったんだけど、帰りは・・「出せー出せー」と
鳴きまくってました。
満員電車でマジ鳴きされて、冷や汗全開。
バスに乗り継いだら、絶叫されてしまい・・
奥に座っていた子が「ママ、もうちんいる?」
ママ「・・・で見た猛禽類は売ってないよねー・・違うんじゃない?」と
会話が・・


まわりからは視線が飛んでくるし赤くなったり、青くなったりしながら
滝汗かいて帰宅しました。

小麦は平気かもしれないけど・・
私がしばらくはキャリーでどこにも行きたくないですww

posted by ふく母 at 00:00| Comment(6) | こむぎちゃんのお部屋(写真付き) | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
こんばんは☆彡
こむぎちゃんお迎えおめでとうございます♪
特に菌もなく、体格もお墨付きもらって、
いい感じですね(*^_^*)
私も車がないので、実家帰りや病院行く時は、
電車やバスを使うのですが、
萌黄がケッコー鳴きます。。。
対応策は、イヤフォンで音楽を聴く!
そして、鳴き声は聞こえてないふり(゜-゜)
そうそう、ホンニン達は全然平気な顔ですよね!
Posted by nina at 2013年06月10日 23:09
小麦ちゃんは大物
普通オカメは恐がりやさんと聞くが
病院で診察中に食事とは、将来は
藤浪・大谷みたいな大物かも。

アイはスマホに小鳥が住んでるかもと
思っています。
Posted by としぞう at 2013年06月23日 04:11
ninaさん
いらっしゃいませ
本当に鳴きます・・
超ど級でガンガン鳴きます。
私は泣きたくなります・・w
きのうも通院しましたが
いやぁ・・もう・・滝汗でした。
神経図太くないと、つきあえそうもありませんw
Posted by ふくへ at 2013年06月24日 09:29
としぞうさんへ
うちの鳥達は診察室で毛繕いとか
ご飯食べた子はいないです。
掴まれた後にボリボリ食べるとか・・
ほんと信じられなかったです。

先生のボタンとかファスナーが気になって
なんとかしてそれを齧ろうと苦戦していました。
齧らせてもらったら大人しくなってました・・orz1
Posted by ふく at 2013年06月24日 09:33
横浜小鳥の病院ですね、
アイの担当の先生がおそらく
そこの病院に以前勤務していたと
思います。
Posted by としぞう at 2013年06月26日 05:33
としぞうさんへ
こんにちは
そうです。
横浜小鳥の病院です!
アイちゃんの先生はこちらにいらっしゃったんですね!!
びっくり・・
Posted by ふく at 2013年07月07日 19:13
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: