2013年02月03日

ももちゃんの胃腸炎

ももちゃんは一週間程で退院しました。

今回、診断としては胃腸炎ということでした。
秋になってからももちゃんは割と水っぽいうんちが多かったのですが
今回入院してからは、かなりぷりっとしたうんちが多くなりました。

お腹の調子があまり良くなかったんでしょうね・・

入院中は自分からはあまり食べようとしなかったそうです・・
退院後もイマイチ食べが悪かったのですが
日ごとに食べるようになりました。

退院して2日間くらいは、寝てばかりいて配しましたが
食べる量が増えるに従って、起きて遊べるようになりました。

退院後は水槽で過ごしてもらいましたが
どうも・・放鳥すると、そこには帰ってくれなくて(^_^;)
ケージに入ろうとするので、仕方なくケージにしました。

病院では水槽の温度は31度でした。
自宅ではそこまではあげませんが・・
水槽は29度にしていました。


image-20130203120743.png



ケージに戻す時に温度管理を悩みました。
ケージを囲うアクリルケースの注文も考えましたが・・
お値段が・・(T_T;)

ビニールカバーでビニールハウスで行くことにしました。

保温はケージの背面にデスクヒーターを屏風よろしく立てています。
ビニールカバーとケージの間(側面)に40cm四方のホットマットを入れています。
日中は25度から27度に間
夜間はビニールカバーの上から布のカバーをかけるので29度くらいになります。
少しずつ、保温の温度を下げて行く予定です。

吐く事もなくなり
水状の下痢もなくなりました。
食欲も9割くらい戻ったかなぁ?
入院した日にワラワラと抜け落ちていた羽も全然抜けなくなりました・・
外に出してくれと催促するようになったので随分体力が戻ったのだと思います。

健康に戻るまでは、保温と生活時間に注意することくらいしかできませんが
このまま体調をあげていけるように少しでも気をつけようと思います。



posted by ふく母 at 12:00| Comment(2) | 病気 | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
どんどん回復してきて本当に良かった!
出してアピはほっとしちゃいますね(*^^*)

> ビニールカバーとケージの間(側面)に40cm四方のホットマットを入れています。

ぜひ全貌のお写真を!

ケージのレイアウトや保温方法に日々悩んでいます><
アクリルケースの値段はすごいですよね。
足元見てるわ〜(笑)
アクリル板買ってきて作れないかな〜と考えつつ、今はテーブルクロスビニでがんばっています(^ ^)
Posted by みお at 2013年02月03日 15:22
みおさんへ
いらっしゃいませ
お返事が遅くなりました!

人間用に売っている
ホットカーペットの小さいものです。
http://torinojikan.seesaa.net/article/319899943.html
こちらのページでケージとの対比ができます。

鳥飼の友人がひよこ電球タイプのヒーターで
うっかり火傷させてしまったのを見て
怖くて使えなくなりました。
仕事に行っている時間が長くて不安なので。

たどり着いたのが
人間用デスクヒーターやホットカーペットを立てるやり方です。
うちのケージサイズなら、一羽飼いの場合は
90cm程度のホットマットを買い、背面と側面で
コの字に囲んで上からビニールカバーをすると
あたたかです。

小梅ちゃんが検疫期間中は別部屋でコの字に囲んでいました。

アクリルケースがもっと安ければいいのにね・・
Posted by ふく at 2013年02月09日 16:21
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: